TOP > ダイエット > ダイエットの基礎知識 > 骨格筋率とは?

ダイエットの基礎知識

ダイエットの基礎知識TOPへ戻る

骨格筋率とは?

骨格筋率をアップして“燃えやすい体”をつくる

骨格筋とは運動して増やせる筋肉のことで、筋肉全体の約40%を占めています。この骨格筋が増える(骨格筋率が高くなる)と、運動で消費するカロリーが増え、基礎代謝量もアップするため、運動していないときでもカロリーを消費しやすい体に、言い換えれば「体脂肪が燃えやすい」カラダになります。

基礎代謝は年齢とともにどんどん落ちていく!?

人間は、何もしていなくても生命を維持するために、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、体温を保ったりしてカロリーを消費しています。この消費カロリーのことを「基礎代謝量」といい、1日に消費する総カロリーのうち、約6~7割が基礎代謝に使われているのです。

ところが、基礎代謝量は加齢によって徐々に落ちてしまいます。老化によって体の機能が低下していくことが原因の一つですが、特に骨格筋の減少が大きく関係していると考えられています。
 

骨格筋率を上げれば基礎代謝量は下がらない

基礎代謝量アップのカギを握るのは骨格筋です。
筋肉には大きく分けて、内臓をつくる「平滑筋」、心臓をつくる「心筋」、そして体を動かすための「骨格筋」の3種があります。そのうち、骨格筋は全体の約40%を占めており、運動などで鍛えて増やすことのできる唯一の筋肉です。骨格筋率とは、体重のうち、骨格筋の重さが占める割合のことで、数値が高いほど基礎代謝量も高まります。


骨格筋率の算出法

骨格筋率(%)=[骨格筋の重さ(kg)÷体重(kg)]×100


 
骨格筋率判定の図 ※自社データに基づく
 

毎日の骨格筋率を測定して、“燃えやすい体”をつくろう

オムロン 体重体組成計 HBF-208IT オムロン 体重体組成計 HBF-208IT
ウェルネスリンク対応の体重体組成計で骨格筋率を測定!
ダイエットやアンチエイジングのためには運動して骨格筋を増やすのが重要。

ウェルネスリンク対応の体重体組成計は体重や体脂肪率だけでなく骨格筋率の測定が可能。さらに、毎日の測定データをWeb上に簡単アップロード・蓄積できます。「1日」「1週間」という短いスパンではよくわからない変化でも、一定期間のデータをグラフ化してみると、骨格筋率の増減が確認できます。「骨格筋率が順調に増えているからこの調子で頑張ってみよう!」「運動していないから、減ってしまった…。もっと頑張らなければ」と、モチベーションアップやカラダの気づきにもつながります。

ダイエットの基礎知識TOPへ戻る

登録はとても簡単いますぐ無料ではじめよう ユーザー登録(無料)